ここでは、水に関するお話をさせていただきます。

地球の水日本の水の保有能力水の値段
 
 
 

地球の水

 太古より地球の水量はまったく変化していないと言われています。平均気温15℃と言う好条件の地球では水は「水」として存在しています。

その分布は、液体として海・川・湖
        固体として雪・氷

        気体として水蒸気     で存在しています。

水の総量の98.2%が海水でわずが1.8%が淡水です
淡水のうち、98%が万年雪と氷河に占められています。残りの2%が河川・湖・沼・地下水です。
この2%の水を人間が使用しています。つまり河川・地下水に頼っているわけです。
我々の使用水量は地球にある水の0.0001%にしかすぎないのです。このわずかな水を汚染してしまうと他から補給出来ないため深刻な危機と言わざるを得ません。

日本の水の保有能力

 「日本は水が豊富である」と誰もが思っていますが、とんでもないことです。日本は山国のため水はあっという間に海に流れ出てしまいます。日本の河川は瀧のようだと言われるのもうなづけるお話です。水が豊富と言うことと降雨量があることとは別物です。
日本は降雨量が多いため、いつでも水があると錯覚していただけなのです。

 国土の水の保有能力の計算方法   (総雨量−流失量)÷総人口=1人当たりの水の保有能力

 この計算をしますと日本は1人当たりの水の保有能力は世界的に低レベルの国です。従って雨が降らないとたちまち断水騒ぎになるわけです。

ページトップへ

 

水の値段

ペットボトルの水
1リットル
90〜100円
逆浸透のボトル水
1リットル
200円
宅配の水
ペットボトルの水代金+宅配代金
水道水
1リットル
0.18円〜0.5円ぐらいまで
何とかの霊水・湧水
1リットル
1000円〜3000円
何とかの構造水
1リットル
6000円
逆浸透膜浄水器の水

【本体価格+フィルター代金(3年分標準)÷1095日(3年間)】=480円/日

1日の逆浸透膜浄水器(家庭用)の浄水の使用量による1リットル当たりの換算

1日当たりの使用量
換算金額(水道代は別途かかります)
300リットル
1.6円
200リットル
2.4円
100リットル
4.8円
 50リットル
9.6円

●水道代の平均

1月当たりの使用量
1リットル当たりの金額
50,000リットル(50立方メートル)
0.30円位
30,000リットル(30立方メートル)
0.23円位

 一般のご家庭での月々の平均使用量は30〜50立方メートル前後になります。
 金額換算で月々7,000円から15,000円くらいになります。(但し自治体によって異なります。)

●逆浸透膜浄水器をご使用になると平均60〜100リットル/日(捨て水を含む)を消費するので、月間では1800リットル(1.8立方メートル)〜3000リットル(30立方メートル)の水道使用量になります。
(※水圧・水質・水温・使用量が各ご家庭により異なります)