| なぜ、浄水器を使うのか? | 水に溶けているものは? |

 

なぜ、浄水器を使うのか?

 
皆様は、どういう理由で浄水器を使おうと思われたのでしょうか?
多くの方のご意見は、「水がまずくなった」「塩素がこわい」「なんとなく不安」ということのようです。特に直接わかる「味の変化」が浄水器を使う最大の理由のようです。
 確かに、日本の水はまずくなっています。そこで、その味をよくするタイプの浄水器で手軽なものが現在主流になっています。一言で言えば、カルキ臭を取り除けば水道水は何もしないよりおいしくなります。このことだけが目的なら、活性炭を主にした浄水器で十分可能です。が、実は浄水器を使って欲しいもっと大きなポイントは、ご意見にもありました「なんとなく不安」の部分です。”なんとなく”という曖昧な表現ですが、これは「不安物質が水に溶け込んでいるのでは?」という疑いです。

ページトップへ

水に溶けているものは?水にとけているものは?

 塩素やトリハロメタンはよく聞くし、それだけなら簡易タイプの浄水器でも初期は取れるものが多くあります。しかし、その他にどんなものが含まれているのでしょう。下記の表をご覧ください。これらはごく一部ですが、現在わかっているだけでも、約2000種類の物質が水道水から発見されています。そして、そのうちいくつかは発がん性物質と言われています。また、一度体内に入ると排出がむずかしい重金属類も含まれています。そのうえ、殺菌のために使われている塩素を取り除いた後の水に大腸菌や一般雑菌が繁殖するという話も最近よく聞きます。へたな浄水器ならつけないほうがいいかもしれないと考えている人も増えています。でも不安は解消できないという堂々巡りに陥っている方々も少なくありません。要するに飲み水として必要なことは、安全なのかどうかと言うところに行き着くのではないでしょうか。そして、そのために必要な性能がある浄水器かどうかを見極めるのが重要なポイントです。

クリプトストリジウム
4〜6ミクロン
大腸菌
1.0ミクロン
インフルエンザウイルス
0.1ミクロン
アスベスト
0.1ミクロン
コロイドシリカ
0.05ミクロン
水に溶けたアルミ
0.02ミクロン
合成着色料
0.01ミクロン
ダイオキシン
0.007ミクロン
鉛イオン
0.005〜0.001ミクロン
水に溶けた農薬
0.005〜0.001ミクロン
重金属類
0.005〜0.001ミクロン

トリハロメタン・TDX

0.005〜0.001ミクロン
六価クロム
0.005〜0.001ミクロン


ページトップへ